2016年11月27日日曜日

GeminisAzul / Azulejos



GeminisAzul / Azulejos
DL CORD付き
PRICE : 1500YEN
NO : DCR-TP-09


【TRACK LIST】
A1.明日はきっと
A2.like a bubble
A3.半透明
A4.Laidback
A5.balance
A6.夜の終わり

B1.Hold on
B2.why
B3.All I Need Is
B4.Rest In P
B5.My Life
B6.low lights


回想を沁みるメロディ感覚や独自のグルーヴで表現した暖かみのある作品集 

「lazy snare」と称される特徴的なドラムが生み出すグルーヴに、暖かみのある音作りや 繊細で沁みるメロディ感覚。本作の主役、GeminisAzul はそれらをトレードマークに活躍 してきた、気鋭のビートメイカーだ。 

大阪を拠点に活動する GeminisAzul は、これまでに自身の Bandcamp や同地のレーベル の Ital.などで作品を発表。

その他にもラッパーや他ビートメイカーとの共作のほか、同郷 のビートメイカーの FROGMAN とのユニット「toolate」での活動なども行っている。 

大阪のレーベルの DCR からリリースされた本作は、GeminisAzul のソロとしては 2 枚 目となるビートテープだ。

持ち味である美しいメロディや温もりのある音使いが光る、エモーショナルで人間味溢れる作品に仕上がっている。

「今回のアルバムのコンセプトは、回 想シーンの塊みたいな感じですね。それぞれ別の回想シーンみたいな」。

GeminisAzul は、 本作についてそう語る。

A 面の冒頭を飾るのは、優しいコーラスをループし不器用なドラムを組んだ「明日はきっ と」。細かな SE の使い方も印象的だ。続く 2 曲目「like a bubble」では、ドリーミーに響 くギターをメインに使用。

全編で鳴るノイズやパーカッションも美しさを崩さず、絶妙な味付けでループを支える。

その後も野太くソウルフルな歌を用いた「半透明」、暖かいピア ノが印象的な「laid back」、 落ち着いたループでクールダウンする「balance」と良曲が続 き、神々しいコーラスを切り刻んだ「夜の終わり」で A 面を締めくくる。 

B 面は、ジャジーなピアノをよれたグルーヴで転がした「Hold on」でスタート。

スクリ ュードされた Minnie Riperton「Lovin’ U」のサンプリングで幕を開ける「why」は、寸止 め感のある執拗なループがなんとも心地良い気持ち悪さを放った 1 曲。

ぶつ切りにされた 歌が印象に残る「All I Need Is」を挟み、故 Sean Price のラップを美しいビートに乗せた 本作のハイライト「Rest In P」を迎える。

Sean Price による「ありがとう」のラインもエ モーショナルに響く。その後 LA 的なシンセベースが強烈な「My life」が続き、ジャジー で落ち着いた「low lights」で幕を閉じる。

適度なバラエティを揃えつつも、芯を通る独自の美しさやグルーヴに心を奪われる本作。

インストヒップホップファンだけではなく、幅広い音楽ファンが楽しめるであろう傑作だ。

TEXT : アボかど

▶︎BUY

2016年11月17日木曜日

GeminsAzul ”Azulejos” RELASE PARTYが開催決定!


DCRからBEAT TAPEをリリースするGeminisAzul
2NDビートアルバムのリリースパーティーが伽奈泥庵にて開催決定!!

EXHIBITIONには大阪のコラージュアーティストを代表する
MEMENTOに加えNICKELMANの変名とされる55555、
そして今回の主役であるGeminisAzulによる
絵かコラージュ作品が展示される予定です。

FREE PARTYですので皆様是非お越し下さいませ。


2016年11月6日日曜日

FREEMANZ PRODUCTION / CAVE DUB


とある朝俺たちは鍾乳洞の中に居た、

ここでは大きな傘が必要だ。

DRIPする水滴がポタポタと頭上に落っこちてくるからだ。

鍾乳洞の奥には大きなガジュマルが居るらしい。

なんて話をしながら、

淹れたての珈琲を飲みながら
ゆったりと流れる時間を楽しんだ。

ここはどこなんだろう?

まるで異空間にTRIPしたみたい。

心地よい水の音が妙に落ち着く。

不思議な世界だ。

2016年10月28日金曜日

FREEMANZ PRODUCTION feat. KOR-ONE / LOOSEMAN JAZZ


FREEMANZでフライト。その日は沖縄のコザでLIVEだった。

大阪のいつものメンツと東京のマイメンに出会ったり、楽しい雰囲気。

沖縄で出会った人達もピースで終始良い雰囲気のPARTYだった。

その時に久しぶりの友人と出会った、HCCのフォトグラファーの390さんとビートメーカーのKOR-ONEさんだ。

次の日はなにしてんの?? ってまずは。

カオリさん、めっちゃ久々だしさ、明日元気だったら曲つくろうせ、そーそー、あの12INCHぶりやし。

あっ。。。。

いいね〜明日家きなよ〜。時間あれば海にいこうよ〜凄く綺麗でさあ。

家族でもゆっくり出来るいいとこあるんだあ〜。

てな具合に。

次は、そうだ何年ぶりだ?めちゃひさびさやん、、390さんなにしてんの?

えっ?私、写真とってるよ〜。

相変わらずだ。

FROGMANどうする〜?

ん。まあそん時ののりやな笑

俺はPARTYに酔いしれソファにうずくまる。

ZZZ

目覚めた朝俺と俺のファミリーとFROGMANとカオリさんちに遊びに行くことにした。

とりあえず鍾乳洞の中にあるカフェでCHILLして35COFFEEを飲む。

途中390さんと合流していいかんじの沖縄そばを食べた。

うまかった、沖縄って感じ。

子供連れだったのか庭の席に案内してくれて、すごく、ゆっくり出来た。

沖縄の気温は最高だし、昼間のビールはやっぱり最高やった。

カオリさん家につくと元気な息子さんと奥さんが迎えてくれて。

かおりさんはすでにBEERが入っていい感じだった。

カオリさんMPCないの?昔使ってたやん。

あっ、あるよ〜。

ほこりのまみれのMPC2000XLが目の前に出てきた。

俺はSDカードのDRUM PADから使える音をPADにアサインして。

BASSどうする?

ってなったんだけど、結局なくて、俺はMPCのINのLRのジャックの先端を指で触った時に鳴るノイズ音をサンプリングした。

なんとなく。

けど、それがBASSになった。

笑える話だ。

カオリさんがフェンダーローズをFREEに弾いてるまったりとした時間。

俺とFROGMANでドラムパターンとベースを組む。

皆いい感じになってきた時に録音する?

ってかおりさんがいったんだ。

MPCの音で気に入ってた音があった。

だからそいつでセッション、メロディーを弾くんだ。



DRIPSKY pt.2



COFFEEをDRIPするSKY
左手はFREE右手はJAZZ

2016年10月6日木曜日

ballhead / Make me sick LIMITED"50"



ballhead 1st BEATTAPE
DCR-TP-11 
LIMITED ”50”
フリーダウンロードカード付き

"Bitches ain't nuthin but problems,
can't live with em, can't live without em
But I'ma deal with it and be real with it"

side-A
1.insert
2.smb up
3.still
4.sitd
5.problemz
6.bts

side-B
7.btk
8.bfz
9.raw
10.cfc
11.bbb
12.auto raw smokin'

DCR STORE限定販売
▶︎BUY